真皮層の仕組み

美しい肌を作っていく上で絶対に忘れてはならないのは真皮です。
表皮の下に真皮は存在しています
表皮は肌のみずみずしさを生みだすものです。
ですが表皮ばかりを気にしてケアしていても
いつかは痛い目に合ってしまいます。

実はその直ぐに下にある真皮をしっかりとケアしていないと
本当に美しい肌を手に入れた事には繋がりません。
真皮はふわふわしたスポンジのような構造をしています。
コラーゲンと言う網目状のたんぱく質が70%を占めています。
このコラーゲンは肌の弾力を保つ働きがあります。
もしここが劣化して言ってしまえば
肌の弾力が失われてしまい
シワやタルミの原因となってしまいます。

しかしながらよく化粧品にコラーゲン配合と記されていますが
化粧品に含まれているコラーゲンは表皮を保湿できても
真皮に浸透してコラーゲンを補う事はできません。

また真皮は水分を保つヒアルロン酸が多く含まれていて肌のハリを生みだします。
ヒアルロン酸は保水力が強いのでたくさんあるほど真皮がみずみずしく潤います。
ですがヒアルロン酸は加齢と共に減少し、食事で補う事は難しいです。

真皮の中には繊維が張り巡らされていて
その間にたっぷりと水分が蓄えられる事で美しくみずみずしい肌が作られます。
その他にも加齢やストレスなどでも繊維が衰えてしまい
水分が減る事で老化が進んでしまうので
ストレスをため込む事も肌にとっては良くない事です。


肌の仕組み精力剤とは